薬学部研究室表

薬学部

注意
この表は2019年に集めたアンケートを元に作成しています
アンケートの結果が得られなかった研究室については掲載していません
興味ある研究室には必ず訪問するようにしましょう

分子制御化学

医薬製造化学

徳山研究室 A棟4階

主な研究内容

有機合成化学、全合成

長所

有機合成化学の勉強に力を入れる

短所

拘束時間が長い
研究室の忙しさ(5点満点) 

進路の例

製薬化学メーカー

コアタイム 9:00〜
実際の研究室滞在時間 9:00~23:00
土日について土曜午前、午後
春休み 3〜6日
夏休み 1週間
冬休み 3〜6日
院試休み なし
CBT休み なし
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

合成制御化学

岩渕研究室 B棟4階

主な研究内容

  • 天然物の不斉全合成
  • 高選択的な触媒を用いた反応開発
  • 生物活性物質の誘導体合成

長所

  • 全合成、反応開発、薬の開発など研究内容が幅広いので、研究室に入ってある程度有機を学んでから自分の興味のある研究テーマをもらうことができる
  • ゼミや問題演習など勉強する機会が多いので、自ずと力がつく
  • 15時からおやつタイムあり
  • スポーツ大会などへの参加が積極的で盛り上がる
  • 先輩方も先生も面倒見がよく丁寧に指導してくださる
  • 学力がつく、集中して研究に打ち込める

短所

  • コアタイムが長い
  • B4から8時に朝ゼミが始まる
  • 締切前はどうしても帰る時間遅くなる
  • 閉鎖的、お金はあまりない
  • 女子が少ない

研究室の忙しさ(5点満点) 3

進路の例

塩野義製薬、エーザイ、田辺三菱製薬、小林製薬、興和、花王、日産化学工業、信越化学、UC Berkeley、博士課程進学

コアタイム 9:00~21:00
実際の研究室滞在時間 8:20~22:30
土日について 土曜午前、午後
春休み 2週間
夏休み 2週間
冬休み 1週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み なし
ゼミの頻度 実験報告が1,2ヶ月に1回、文献紹介が1年に2-3回
ミーティング 週1、ディスカッションは不定期、実験に悩んだら気軽に相談できる
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

反応制御化学

土井研究室 B棟4階

長所

  • 最先端の化学技術・分析機器を扱える、ストレス耐性が身につく
  • 有機の中でコアタイムは短い、週一回の報告会に載せられる進捗があれば21時ちょうどに帰る人もいる(むしろ教員が推奨している)
  • スポーツ大会が多い

短所

  • 教授と助教しかいないので必然的にサポートが手薄になり自分で考えないと研究が進みにくい
  • スポーツ大会へのモチベが低い
  • 4階に研究室がある
  • 人間関係

研究室の忙しさ(5点満点) 3

進路の例

製薬企業研究職

コアタイム 9:00~21:00
実際の研究室滞在時間 8:20~23:00
土日について 土曜午前、午後
春休み 1週間
夏休み 1週間
冬休み 1週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み なし
ゼミの頻度

  • 軽い週間報告あり
  • 年2回の報告会
  • 年1回の大きなゼミ
  • 2,3ヶ月に1回くらいの軽い妙録

ミーティング 週1、相談はよくする
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

分子変換化学

根東研究室 C棟4階

主な研究内容

  • 求核置換反応(有機超塩基)
  • ホウ素複素環およびコルベシュミット反応等のカルボキシル基
  • ラジカル(ビアリール、酸素官能基化)と銅触媒的環化(ラクトン、ラクタム(β、γ))と超原子(ヨウ素での還元)

長所

  • 教授がやさしく、色々と寛容(ただし器具の扱いには厳しい(当たり前))
  • 研究室対抗などイベント事には積極的に「全員」参加
  • 飲み会ではスタッフが積極的に絡んできてくれる

短所

  • ボスが定年間近(2019年現在61歳)
  • 長所の裏返し
  • エアコンが壊れてる(2019年6月現在)

研究室の忙しさ(5点満点) 3

進路の例

ドクター→アカデミア
コアタイム 9:30~22:00(月曜のみ9:00~)
実際の研究室滞在時間 9:30~22:30
土日について 土日午前、午後
春休み 1週間
夏休み 1~2週間
冬休み 1~2週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み 自己申告制
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

医薬資源化学

菊地研究室 A棟5階

主な研究内容

有機化学、ケイ素を用いた合成、シード探索

長所

自分のペースで頑張れる

短所

スポーツが弱い
研究室の忙しさ(5点満点) 3

進路の例

シオノギ、キッセイなどの製薬
コアタイム 9:00~21:00
実際の研究室滞在時間 9:00~22:00
土日について 土曜午前
春休み 1週間
夏休み 2週間
冬休み 1週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み なし
ゼミの頻度 半期に2回程度
ミーティング 月1回程度
学会 半期に1回程度
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

生物構造化学

中林研究室 B棟2階

主な研究内容

    • ラマン散乱を用いた細胞内環境の評価,薬物動態の追跡
    • タンパク機能の光制御(CysのSNO化),神経変性疾患原因タンパクへの分光学的アプローチ(配位金属の変化や変性による酸化能獲得の評価)
    • 細胞に対する電場効果,C60を用いた光化学療法

長所

      • 滞在時間を含め,基本自由.スタッフからのお咎めも無し(時々教授がお心を表明することもある.常識的な範囲ならどう組み立ててもおk).サークルやバイトの時間に合わせて組むのもおk,休みの期間ずらしてくださいとかもよほどのことがなければ通る.
      • 実験に関してもあまり指示は無いので自由にやれる(もちろん次にやる内容について助言ももらえるしやってといわれる内容もあり).
      • (今のところ)就活期間はラボに来る義務なし(代わりに長期休みが短い?)
      • スタッフに変な人もいないので〆切が近いとかなければ基本スタッフも含めて常識的な時間に帰る.
      • 学生実習にB4は参加しなくておk
      • コアタイムがなく拘束時間も短いためバイトや部活がしやすい
      • 議論や実験計画が全く年功序列でない
      • ラボ一体でする行事が少ない
      • 就職活動が自由
      • 休みが長い
      • 化学と製薬どちらにも就職できる
      • 他人とテーマがほとんど被らないため自分の裁量が大きい。

短所

      • 細胞G,タンパクGは週1回のミーティングで報告書の提出が義務.予定が立て込んでたりするときつい.
      • 自分のテーマに関することは自己責任.実験の目的がわかってない,ゼミで(公的に出す)実験結果が汚い,研究背景を理解していないなどは結構いろいろ言われます(特にゼミ.俗に言う炎上).手とり足取りでないと嫌な人は辛いかも.
      • 研究費が潤沢では無い(ただし普通の試薬とかは買ってもらえる.今のところ特に不便はない.機械も共通機器室とかあるのでそんなに)
      • 教授がTwitterやってる(しかもかなりTL速い)
      • 「ギリギリで卒業すること」より「研究者として成果を挙げること」を重視するため研究に対して自主性が求められる
      • 専門分野がニッチすぎる
      • 研究室のイベントが少ない

研究室の忙しさ(5点満点)

進路の例

企業就職(第一三共,大塚製薬x2,興和薬品,富士フィルム,花王x2,旭化成,三菱ケミカル,信越化学,クラレ,ミルボン)、大学院進学
コアタイム なし
実際の研究室滞在時間 9:30~17:30
土日について なし
春休み 1~2週間
夏休み 2週間
冬休み 1~3週間
院試休み 2~3週間
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度 研究報告:2ヶ月
ミーティング

      • グループミーティング・・・週に1度
      • ディスカッション・・・月に2回程度
      • 相談は随時

イベント・飲み会
6ヶ月に1回程度
ホームページ

分子動態解析学

研究室 サイクロトロンラジオアイソトープセンター

主な研究内容

      • 原発性アルドステロン症診断を目的とした新規PETプローブの開発
      • 18Fを使った診断薬の開発(腫瘍トレーサー、Tau・MAO-Bトレーサー)

長所

      • ラボとして自由な雰囲気が強い。テーマに関しても自分で設定したら多分それをやらせてくれる。ラボの時間も基本9時から17時だが、用事や講義がある場合はそちらに合わせられることがほとんど
      • 研究資金が潤沢
      • 臨床応用を見据えた実用性の高い研究ができる
      • メリハリのある研究室生活を送れる
      • 部屋がきれい
      • 長期休みを柔軟に決められる
      • 生物(ラットや細胞)、有機合成、放射化学的合成など、色々できる

短所

      • 人数が少ない割に色々な実験系に取り組むため、「1人製薬企業」といった感覚
      • 同期が2人(マスター以降は3人になることもあるが)なので、ラボの運営関係を中心に負担が他ラボより大きいかもしれない
      • NMRなど試料分析をする際、いちいち薬学棟に行かないといけない。
      • 主体性が必要。上からの指示を待つだけの人には合わないかも。

研究室の忙しさ(5点満点)

進路の例

製薬企業(大塚製薬(臨床開発職)等)、ベンチャー企業,
コアタイム 9:00~17:00
実際の研究室滞在時間 9:00~17:00
土日について なし
春休み 自己申告制
夏休み 自己申告制
冬休み 自己申告制
院試休み 自己申告制
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度
報告会、論文紹介どちらも2週に1回。発表担当について、報告会は毎回、論文紹介は月1回ペースでまわってくる。
ミーティング 週に1~2回
イベント・飲み会 2年に1回程度

ホームページ

生命解析学

薬理学

福永研究室 A棟3階

主な研究内容

神経変性疾患

長所

      • 本当にコアタイムに帰れる
      • 就職が良い
      • 研究費がある

研究室の忙しさ(5点満点) 1

進路の例

大学院進学
コアタイム 9:00~18:00
実際の研究室滞在時間 9:00~18:00
土日について 休み
春休み 自己申告制
夏休み 自己申告制
冬休み 2週間
院試休み 2週間
CBT休み 2週間
ゼミの頻度 進捗報告は3ヶ月に一回、論文紹介は半年に1回
ミーティング グループによる。実験ごとだったりする。
学会参加 人によるが、年に1回程度
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

臨床分析学

大江研究室 A棟2階

主な研究内容

ペプチド

長所

早く帰れる

短所

スタッフがいない
研究室の忙しさ(5点満点) 2

コアタイム 9:00~17:00
実際の研究室滞在時間 9:00~17:00
土日について 休み
春休み 1週間
夏休み 2週間
冬休み 2週間
院試休み 2週間
CBT休み 1週間
ゼミの頻度 研究報告は2週間に1回、ゼミは半年に1回
ミーティング
ほぼない。聞きたいことがあるときに自分から先生のところに行く。
学会 多い人は年に3回。少ない人は年に1回
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

分子細胞生化学

青木研究室 B棟3階

主な研究内容

脂質メディエーター(リゾホスファチジン酸など)とGタンパク質受容体(GPCR)の機能解析

長所

      • 研究資金が豊富、様々な機器があり、マウスがたくさんいる
      • スタッフが多く手厚い指導
      • ドクターが多い
      • 学生間の仲のよさ

短所

      • セミナーや報告会の時間が長い
      • 研究室と合わず、辞める人もいる
      • 怒られるときは怒られる

研究室の忙しさ(5点満点) 3.5

進路の例

製薬会社研究職、開発職、化粧品会社研究職
コアタイム 9:30~
実際の研究室滞在時間 9:30~22:00
土日について 土曜午前、午後
春休み 1週間
夏休み 2週間
冬休み 1~2週間
院試休み 自己申告制
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度 年3回ずつ
ミーティング 2週間に1回
学会 年2回程度(人による)
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

薬物送達学

寺崎研究室 A棟5階

主な研究内容

MSを用いたプロテオミクスを用いてトランスポーターの発現量やバイオマーカー探索、薬物輸送経路の解明・発見などのテーマをヒト、ブタ、マウス検体を用いて研究している

長所

      • コアタイムが短い
      • 予算がある
      • 実験よりデスクワーク多め
      • 報告会・ゼミ少なめ
      • MSが複数台ある
      • 就職がよく、6年生でも研究職に就ける

短所

      • デスクワークが多い
      • 忙しい時とそうでないときの差が大きい

研究室の忙しさ(5点満点) 1

進路の例

      • 研究職(持田、エーザイ、小野、中外、旭化成、杏林、シオノギ)
      • 開発職(協和発酵、小林、ベーリンガー、アステラス)

コアタイム 9:00~17:00
実際の研究室滞在時間 9:00~18:00
土日について 休み
春休み 自己申告制
夏休み 2週間
冬休み 1~2週間
院試休み 自己申告制
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度 研究方針会議が年4,論文紹介が年1
ミーティング
大体月に2回程度。論文化や実験で結果出たときはもっと多い。
学会
4年生で1回出るか出ないか。M1~M2で最低2回は出る
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

衛生化学

松沢研究室 A棟3階

主な研究内容

炎症、免疫について

長所

スタッフ、先輩が優しく、研究に没頭できる関係がある

短所

お金がかかる実験はスタッフ陣を納得させてからでないとできない
研究室の忙しさ(5点満点) 3
コアタイム 10:00~18:00
実際の研究室滞在時間 10:00~20:30
土日について 土曜午後
春休み 1週間
夏休み 2週間
冬休み 2週間
ゼミの頻度
軽い論文紹介は2,3ヶ月に1回、重いのは年に2回、研究報告は3ヶ月に1回
ミーティング 大体週1回
学会博士に行く人は優遇されて結構行く印象
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

生命情報薬学

代謝制御薬学

斎藤研究室 C棟3階

主な研究内容

セレノプロテインP、メチル水銀について研究

長所

放任主義

短所

      • 人間関係
      • アクティビティが低い

研究室の忙しさ(5点満点) 4

進路の例

製薬に進む人はほとんどいない
コアタイム 9:30~17:00
実際の研究室滞在時間 9:30~19:30
土日について 土曜午前、午後
春休み なし
夏休み 3~6日
冬休み なし
院試休み 2週間
CBT休み なし
イベント・飲み会 月に1回程度

ホームページ

生命機能解析学

倉田研究室 C棟4階

主な研究内容

      • 発生学
      • 自然免疫学
      • オートファジーなどショウジョウバエをモデル生物として用いた研究

長所

      • 学生間の仲のよさ、雰囲気、土曜日は月1(午前)程度
      • ゆるい雰囲気なのでなにかに縛られることはほとんどない。21時になったらみんな即帰宅している

短所

      • ハエを使っていること、虫が苦手な人は慣れるまで大変かもしれない
      • ゆるい雰囲気なので手を抜こうと思えばいい加減にできるのは短所かもしれない
      • コアタイムではないけれど標準的に9~21時でみんなラボにいる。土曜は極稀に午前だけある

研究室の忙しさ(5点満点) 1.5

進路の例

JT(開発)、アマテラス(MR)、中外(開発)、大正(開発)、大塚(品質管理)など
コアタイム 9:00~21:00
実際の研究室滞在時間 9:00~21:00
土日について なし
春休み 1週間
夏休み 2週間
冬休み 1~2週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度
コロキウム(前期2回、後期2回)、ゼミ(前期1回、後期1回)
ミーティング 適宜
学会年1回
イベント・飲み会 隔週1回程度

ホームページ

医療薬学

臨床薬学

高橋研究室 C棟2階

主な研究内容

腎臓病の治療薬探索(妊娠高血圧腎症、糖尿病性腎症、慢性腎臓病)、疫学(統計)など

長所

      • 先生方がみんな優しい
      • 学生も仲がいい(卒業後も東京で集まる)
      • 早く帰れる
      • 先輩の面倒見が良い
      • 就職活動仲とかCBT前の休みがかなり自由に取れる

短所

      • 休日のマウス当番がある(2ヶ月に1回程度)
      • 最近は男子が少なくてバレー大会、駅伝が弱い傾向あり

研究室の忙しさ(5点満点) 0

進路の例

製薬企業(医療機器)開発職/ファーマコビジランス職、公務員、病院、薬局、文系就職など
コアタイム 9:00~17:00
実際の研究室滞在時間 9:00~17:00
土日について なし
春休み 自己申告制
夏休み 自己申告制
冬休み 自己申告制
CBT休み 4週間
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

がん化学療法薬学

富岡研究室 星稜キャンパス6号館

主な研究内容

新薬開発における毒性解析

長所

      • 多分野にわたる研究が可能
      • コアタイムが比較的短い
      • 2019年現在、非常に良好な人間関係

短所

      • 研究テーマが多岐にわたるため質問できる人が少ない
      • 2つのキャンパスに分かれている上、薬剤師実習などもあり閑散としていることが多い
      • テーマによっては星稜と青葉山を行き来する必要がある

研究室の忙しさ(5点満点) 1

進路の例

製薬企業(安全性など)、病院、薬局
コアタイム 9:00~18:00
実際の研究室滞在時間 9:00~20:00
土日について なし
春休み 自己申告制
夏休み 自己申告制
冬休み 1週間
院試休み 3週間
CBT休み 3週間
イベント・飲み会 月に1回程度
ホームページ

生活週間病治療薬学分野

平澤研究室 C棟2階

主な研究内容

体内時計について

長所

      • 比較的まったりしている
      • 教授はとても優しく指導してくれる
      • 就活に配慮してもらえる

短所

グループ(配属先)によって雰囲気、滞在時間などが全然違う
研究室の忙しさ(5点満点) 4

進路の例

就職(民間企業)
コアタイム 9:00~17:00
実際の研究室滞在時間 9:00~18:00
土日について 土曜午前
春休み 1週間
夏休み 1週間
冬休み 1週間
院試休み 1ヶ月
CBT休み 自己申告制
ゼミの頻度
1年にコロキウム2回、ゼミ2回。実習のある5年生は回数内容を軽めにしてもらえる。
ミーティング 週に1回程度
学会年に1回あるかないか
イベント・飲み会 2ヶ月に1回程度

ホームページ

コメント